4人家族の生活費の内訳、理想と現実|気になる隣の家計簿は?

日本の平均的な家族構成である4人家族。
4人家族の生活費の内訳ってどんなもんなんでしょうか?
理想と現実は違うとはいえ、家計を守るうえで理想の比率がどのくらいかを把握しておきましょう。
そして、気になる隣の家計簿。
実際のご家庭の家計簿の内訳をリサーチしました。

理想の4人家族の生活費の内訳とは?

以前あの「アサイチ」で放送されていた「家計の黄金比率」です。
ファイナンシャルプランナーの横山光昭さんがアドバイスする「お金がたまる家の家計費の内訳比率」はこんな感じです。

4人家族の生活費の内訳
住居費 25% 交通費 2%
食費 15% 交際費 2%
光熱費 6% こづかい 8%
通信費 5% レジャー 2%
日用品 2% 保険 4%
被服費 2% 貯金 18%
し好品 1% 医療費 1%
教育費 4% その他 3%

手取り23万円の家計だと、こんな感じになります。

住居費 ¥57,500 交通費 ¥4,600
食費 ¥34,500 交際費 ¥4,600
光熱費 ¥13,800 こづかい ¥18,400
通信費 ¥11,500 レジャー費 ¥4,600
日用品費 ¥4,600 保険 ¥9,200
被服費 ¥4,600 貯金 ¥41,400
し好品 ¥2,300 医療費 ¥2,300
教育費 ¥9,200 その他 ¥6,900

さて、あなたのご家庭と比べていかがですか?

⇒家計費内訳シュミレーション
※スマホは表示まで少し時間がかかります。

これは、あくまでも「お金が貯まるための理想の比率」なので、かなり節約感がありますね。
一般的には、住居費は、最大でも30%。
そして、小遣いは10%というのが相場といわれています。。
実際、世の旦那様は、小遣いが10%でも少ないと感じているでしょうね。
こちらの家計だと、10%でも23,000円。
サラリーマンのお小遣い、23,000円というのは、けっこうキツイ。
また、教育費やレジャー費に関しては、お子様の年代によっても異なってきますよね

4人家族 隣の家計簿拝見!

今回当サイトでは、いくつかのご家庭にお願いして、とある月の家計費の内訳のアンケートを取らせていただきました。

Aさんちの生活費の内訳

26才 手取り 300,000円
25才 子供手当 20,000円
第1子 4才
第2子 0才 合計 320,000円
住居費 52,000 16.3% 交通費 18,000 5.6%
食費 18,000 5.6% 交際費 0 0.0%
光熱費 12,000 3.8% こづかい 35,000 10.9%
通信費 20,000 6.3% レジャー費 0 0.0%
日用品費 0 0.0% 保険 8,000 2.5%
被服費 3,000 0.9% 貯金 50,000 15.6%
し好品 0 0.0% 医療費 0 0.0%
教育費 60,000 18.8% その他 25,000 7.8%

黒字:9,000円
保育園代が45,000円、奨学金返済が25,000円

Bさんちの生活費の内訳

28才 手取り 270,000円
26才 子供手当 25,000円
第1子 3才
第2子 0才 合計 295,000円
住居費 80,000 27.1% 交通費 20,000 6.8%
食費 60,000 20.3% 交際費 10,000 3.4%
光熱費 10,000 3.4% こづかい 20,000 6.8%
通信費 20,000 6.8% レジャー費 10,000 3.4%
日用品費 0 0.0% 保険 2,000 0.7%
被服費 10,000 3.4% 貯金 0 0.0%
し好品 0 0.0% 医療費 0 0.0%
教育費 40,000 13.6% その他 0.0%

黒字:13,000円

Cさんちの生活費の内訳

夫(専業農家) 34才 手取り(夫:270,000円、妻:30,000円 325,000円
27才 子供手当 25,000円
第1子 3才
第2子 1才 合計 325,000円
住居費 60,000 11.5%% 交通費 12,000 2.3%
食費 40,000 7.7% 交際費 10,000 1.9%
光熱費 9,000 1.78% こづかい 20000 3.8%
通信費 20,000 3.8% レジャー費 10,000 1.9%
日用品費 0 0.0% 保険 20,000 3.8%
被服費 10,000 1.9% 貯金 50,000 9.6%
し好品 0 0.0% 医療費 0 0.0%
教育費 17,000 3.3% その他

黒字:47,000円

Dさんちの生活費の内訳

28才 手取り 270,000円
26才 子供手当 25,000円
第1子 3才
第2子 0才 合計 295,000円
住居費 60,000 18.5% 交通費 10,000 3.1%
食費 40,000 12.3% 交際費 10,000 3.1%
光熱費 9,000 2.8% こづかい 20,000 6.2%
通信費 20,000 6.2% レジャー費 10,000 3.1%
日用品費 0 0.0% 保険 20,000 6.2%
被服費 10,000 3.1% 貯金 50,000 15.4%
し好品 0 0.0% 医療費 0 0.0%
教育費 17,000 5.2% その他

黒字:47,000円

Dさんちの生活費の内訳

35才 手取り 280,000円
44才 子供手当 20,000円
第1子 7才
第2子 5才 合計 300,000円
住居費 65,000 21.7% 交通費 10,000 3.3%
食費 50,000 16.7% 交際費 0 0.0%
光熱費 20,000 6.7% こづかい 20,000 6.7%
通信費 20,000 6.7% レジャー費 10,000 3.3%
日用品費 0 0.0% 保険 30,000 10.0%
被服費 5,000 1.7% 貯金 50,000 16.7%
し好品 0 0.0% 医療費 0 0.0%
教育費 35,000 11.7% その他 0 0.0%

赤字:15,000円

Eさんちの生活費の内訳

41才 手取り 350,000円
35才 子供手当 20,000円
第1子 7才
第2子 4才 合計 370,000円
住居費 100,000 33.3% 交通費 20,000 6.7%
食費 50,000 16.7% 交際費 0 0.0%
光熱費 18,000 6.0% こづかい 20,000 6.7%
通信費 6,000 2.0% レジャー費 0 0.0%
日用品費 0 0.0% 保険 56,000 18.7%
被服費 0 0.0% 貯金 0 0.0%
し好品 0 0.0% 医療費 0 0.0%
教育費 20,000 6.7% その他 10,000 3.3%

残り分を貯蓄にという家計。

Eさんちの生活費の内訳

31才 手取り(夫230,000円/妻60,000円) 270,000円
31才 子供手当 10,000円
第1子 6才
妻の母 68才 合計 300,000円
住居費 60,000 20.0% 交通費 5,000 1.7%
食費 60,000 20.0% 交際費 0 0.0%
光熱費 20,000 6.7% こづかい 10,000 3.3%
通信費 20,000 6.7% レジャー費 5,000 1.7%
日用品費 0 0.0% 保険 30,000 10.0%
被服費 5,000 1.7% 貯金 0 0.0%
し好品 0 0.0% 医療費 0 0.0%
教育費 37,000 12.3% その他 10,000 3.3%

黒字:38,000円

Fさんちの生活費の内訳

39 手取り 480,000円
38才 子供手当 20,000円
第1子 10才
第2子 7才 合計 500,000円
住居費 64,000 12.8% 交通費 5,000 1.0%
食費 60,000 12.0% 交際費 3,000 0.6%
光熱費 13,000 2.6% こづかい 40,000 8.0%
通信費 20,000 4.0% レジャー費 5,000 1.0%
日用品費 0 0.0% 保険 100,00 20.0%
被服費 10,000 2.0% 貯金 70,000 14.0%
し好品 0 0.0% 医療費 0 0.0%
教育費 50,000 10.0% その他 50,000 10.0%

黒字:1万円。
こづかい内訳:夫30,000円/妻:100,000円

Gさんちの生活費の内訳

43才 手取り 夫:150,000円/妻:120,000円
43才 子供手当 20,000円
第1子 15才
第2子 13才 合計 290,000円
住居費 60,000 20.7% 交通費 15,000 5.2%
食費 50,000 17.2% 交際費 0 0.0%
光熱費 30,000 10.3% こづかい 10,000 3.4%
通信費 20,000 6.9% レジャー費 0 0.0%
日用品費 0 0.0% 保険 10,000 3.4%
被服費 10,000 3.4% 貯金 30,000 10.3%
し好品 0 0.0% 医療費 0 0.0%
教育費 20,000 6.9% その他 25,000 8.6%

黒字:100,000円

Hさんちの生活費の内訳

44才 手取り 280,000円
35才 子供手当 20,000円
第1子 7才
第2子 5才 合計 300,000円
住居費 60,000 20.0% 交通費 10,000 3.3%
食費 55,000 18.3% 交際費 10,000 3.3%
光熱費 25,000 8.3% こづかい 10,000 3.3%
通信費 15,000 5.0% レジャー費 10,000 3.3%
日用品費 0 0.0% 保険 30,000 10.0%
被服費 5,000 1.7% 貯金 15,000 5.0%
し好品 0 0.0% 医療費 0 0.0%
教育費 35,000 11.7% その他 0 0.0%

黒字:100,000円

Iさんちの生活費の内訳

44才 手取り 夫200,000円/妻150,000円
39才 子供手当 20,000円
第1子 11才
第2子 8才 合計 370,000円
住居費 60,000 20.0% 交通費 40,000 13.3%
食費 60,000 20.0% 交際費 10,000 3.3%
光熱費 30000 10.0% こづかい 10,000 3.3%
通信費 20,000 6.7% レジャー費 10,000 3.3%
日用品費 0 0.0% 保険 50,000 16.7%
被服費 10,000 3.3% 貯金 0 0.0%
し好品 0 0.0% 医療費 0 0.0%
教育費 30,000 10.0% その他 10,000 3.3%

赤字:40,000円

こうしてみると、収入も内訳もご家庭によってかなりばらつきがあるのがわかりますね。
しかしながら、共通しているのは、旦那様のお小遣いが意外と少ないことですね♪

一番節約できる項目は?

節約というと一番に思い浮かぶのは、光熱費や食費ですよね。
つけっぱなしの電気だとか、出しっぱなしの水道、そして食費は削ろうと思えば削れそうです。
でも!
そんな節約なんて、月に数千円にもなりません

他人の家計簿を見て、そして自分の家計簿を見て、一番節約効果が高そうな項目は・・・

賢いあなたはもうお分かりですよね。
「通信料」と「保険代」です。

「保険代」については、かなり家庭により差がありますが、「通信費」って、あなたと配偶者の2人分でたいていの相場は20,000円前後。お子様が中学生にもなれば、さらに負担が増えるのは目に見えています。

クロ
でも、なんだか手続きとか設定とか難しそうだし・・・
タマ
意外とやってみたら簡単なんだにゃん。もしも月額5,000円以上払っているなら、一度検討すべし!

⇒格安スマホって設定とか難しいし…あなたは年間5万円以上損してる!

お金が貯まる理想の家計費の内訳は?

「お金が貯まる家計」の理想としては、

  • 消費:70%(生活に必要なお金)
  • 浪費:5%(なくてもいいけど楽しみのために使うお金)
  • 投資:25%(保険・貯蓄)

なんだそうです。

細かく仕切るとやる気をなくしてしまいますが、このくらいざっくりした目標値をたてれば、なんとなく見えてくる気がしますね。

最後に、タマ家の家計簿をお見せしちゃいます!

タマんちは、旦那様との2人家族です。
旦那様の手取り給料は、320,000円。
その他の30,000円は、特別支出用の予備費として積み立てています。
車検や、大型家電買換え用、突然の交際費や、使い捨てコンタクト、化粧品代に充ててます。
医療費は、旦那が痛風で病院で薬を処方してもらっているので必ずかかるお金。
(数か月に一度の検査費用とを平均したもの)
し好品は酒代です。

黒字分円は現金でストック。
プチ贅沢はこのストック分でまかなっています。

住居費 60,000 18.8% 交通費 10,000 3.1%
食費 28,000 8.7% 交際費 0 0%
光熱費 18,000 5.6% こづかい 40,000 12.5%
通信費 8,000 2.5% レジャー費 10,000 3.1%
日用品費 5,000 1.5% 保険 20,000 6.2%
被服費 0 0.0% 貯金 60,000 18.7%
し好品 9,000 2.8% 医療費 3,000 0.9%
教育費 0 0.0% その他 30,000 9.3%

黒字 21,000円

こうしてみると、旦那様のお小遣いって、少なくはないと思うんですけど、それでもいつもピーピー言っていて、可哀そうなのでお弁当を作っています。
なので、食費は弁当代も込。
けっこう頑張ってるでしょ。
これも、節約レシピが役に立っています♪

コチラの記事もおすすめです。

⇒主婦の1か月の化粧品代っていくらくらい?

⇒【保存版】節約もやしレシピ メインから副菜まで

⇒通販で安い買い物ができる人気のアウトレットサイト6選

家計簿