羽毛布団の衣替え、洗濯方法と嵩張る羽毛布団の収納方法

すっかり温かくなってきましたね。冬の間重宝していた羽毛布団もそろそろ片づけなくては・・・。そういえば買ってから一度も洗濯してないんですが、羽毛布団って自宅で洗濯できるんでしょうか?
そうなんです。恥ずかしながらうちの羽毛布団、一度も洗ったことがありません。さらには、衣替えを迎える前の数か月は花粉が怖くて外干しもしてないんです。あ、布団乾燥機はかけてますけどね。うちのお布団、かなり汚いのかも・・・(汗)

羽毛布団のクリーニング

羽毛布団って家で洗濯してもいいの?

羽毛布団の洗い方

そもそも羽毛に限らず、布団って選択できるの?ってことですよね。
一度こたつ布団をお風呂場で水洗いしたことがあるのですが、大変でした。何がって、水をすった布団は重くて持ち上げることができず、そのまま数日間お風呂場は使えず、洗ったことを後悔した記憶があります。

羽毛を自宅で洗濯するのはできない話ではありません。羽毛専用の洗剤が売られているので、それを使って、手洗い(足洗い?)か、洗濯機の自宅クリーニングや羽毛コースを使えば洗えます。
ポイントは、乾かし方です。
そのまま放置すると、羽毛が片寄ってしまうので、半乾きのときに、裏返したりして形を整えます。

このやり方で、450gの羽毛シュラフはふっくらと綺麗に仕上がりました。

でもね。
問題は羽毛布団。
薄いシングルのタイプならばなんとかなりそうですが、冬用やダブルサイズは洗濯機にも収まらないし、ちょっと自宅で洗濯するには手におえそうもありません。

「洗える羽毛布団」ということで販売されているんは、ほとんどが肌布団レベルの薄い羽毛布団です。

クロ
どう考えても洗濯機に収まりそうもないうちの羽毛布団はどうしたらいいのかにゃ~?
タマ
やっぱりプロに任せるしかないでしょ!
最近の布団クリーニングは、家まで布団を取りに来てくれて、出来上がったら届けてくれるから、電話やネットで申し込むだけなんだにゃん。

冬用の羽毛布団は宅配布団クリーニングがおすすめ

お宅の羽毛布団、買った時より嵩が低くなったなぁと思いませんか?

綿布団と違って、羽毛の場合は「へタる」ということはありません。
それなのに、嵩が低くなるのは
羽毛が抜けて減った
水分や皮脂汚れで、羽毛が空気を含まなくなっている

カバーをかけていても、布団の中は汚れています!

寒い冬場であっても、寝ている間に人は汗をかいています。季節に関係なくその量はコップ1杯~3杯。
汗の中には、アンモニアや塩分、油脂などが!
それが羽毛に蓄積していくのです。
本来の羽毛の「膨らむ力」は半減。本来の性能を発揮できなくなっています。

宅配布団クリーニングの料金はいくらぐらい?

どこのクリーニングも、「まとめると安くなる」パックシステムを採用しています。
1枚当たり3,000円くらいから。
ただし1枚だけだと割高で7,000円くらいが相場です。
羽毛布団だからというオプション料金はなく、普通の布団も、羽毛布団も同じ値段でやってくれるところが多いです。

⇒宅配の布団クリーニング比較 

羽毛布団の洗濯方法

やっぱり家で洗いたいという方は…

まず、水洗いできる羽毛布団かどうかを確認。(洗濯マークをチェック)
洗濯機に収まるサイズならば、布団用のネット袋に入れて、「おしゃれ着モード」などで洗います。

手洗いの場合、多分羽毛布団が入るくらいのたらいなどはないと思うので、お風呂場にぬるま湯を張って、おしゃれ着用の洗剤を溶かし、もみ洗い。足で踏むのもありです。
しっかりとすすいで、たたみながら巻き込む感じで抑え込んで水を切ります。
できれば、置き干しではなく、物干しざおなどにかけて陰干し。
途中で、羽毛が片寄らないように干し直します。
まず1日では乾かないので、晴天が2~3日続くことを確認しておきましょう。

羽毛布団の衣替え、収納

嵩張る布団の片づけ方
羽毛布団の最大のデメリットは、「嵩張る」こと。
たたんでみても、ふわふわして形が整わず、押し入れに入れるのは一苦労です。
かといって、圧縮袋に入れて収納するのはタブー。圧縮するのが駄目というよりも、収納袋の密封性が湿気のもととなるためです。また、圧縮して圧をかけることで、羽が折れてしまって復元力が失われてしまいます。
そこで、おすすめなのは、羽毛布団用の収納袋を利用することです。購入していた時についてきた袋もビニール製のものでないのであれば使ってもいいのですが、ビニール素材の場合は、圧縮袋と同じく湿気がこもります。
不織布を選ぶようにしましょう。

まとめ

押し入れに収納スペースが確保できない我が家では、冬用の羽毛布団は、使っていないカーテンでくるんで、寝室の隅に放置してました。今年はクリーニングに出して、戻ってきたらちゃんと収納袋に入れてしまおうと思います。
そう思うと、ニトリの二枚重ねの羽毛布団は便利ですね。薄い羽毛布団2枚の合わせ技なので、1枚づつならお家でお洗濯できそうだし、第一1枚にすれば夏場も使えます。暑い夏なんて、中途半端にエアコンをタイマーにするよりも、適温にして、しっかり布団をかぶって寝たほうが朝まで安眠できますし。
布団の寿命は10年くらいなんだそうです。次に羽毛布団を選ぶときは、洗濯や収納のことも考えて選びたいものですね。

⇒シーツの洗濯ってどのくらいの間隔でやってますか?

羽毛布団のクリーニング