引越し見積もりはいつまでに?訪問なしだと無理?

引越しが決まったら、まずやることはというと、引っ越し業者の手配ですよね。
単身で荷物が少ない場合ならば、自分で運ぶか、あるいは赤帽なんかに頼むのもありですが、家族の場合は、やはり荷物も多いので、引越し業者に頼むのが一般的。
さて、見積もりですが、引越し日のどのくらい前、いつまでにやっておけばいいのか?
訪問なしの見積もりはどんな感じなのか?など、初めての引越しでの疑問点を引越し歴6回の管理人がご案内します。

引越し見積もりは引越し日のどのくらい前までにすましておくのか?

まず、引越し日が決まったら、できるだけ早く見積もりはすませておいたほうがいいでしょう。
でないと、希望通りの日程の予約が取れないからです。
特に、新入学を迎える2月末~4月あたりは引越し件数そのものが増えるので、直前だと車の手配ができないということになりかねません。

また、業者によっては、「早割」を設定しているところもあったりするので、早ければ早いほうがいいとも言えます。
最低でも1か月前くらいには済ませておきたいですね。

引越しの見積もり、訪問なしってどんな感じ?

引越し見積もり 訪問なし
最近の引越しの見積もりは、訪問なしで、電話で問い合わせることも可能です。

  • 移動距離
  • 部屋の広さ
  • 希望時間
  • 荷物量
  • など詳細を聞かれます。
    荷物量に関しては、細かい詳細があり、例えば

    • 40インチ以上のテレビ 〇台
    • ドラム式洗濯機 〇台

    といった感じで、想定される家具のリストが用意されていて、それに答えていくという感じなので、かなり時間はかかります。
    WEBサイトで見積もりを取ることもできますが、最終的には訪問での見積もりとなります。

    電話での見積もりの場合も、電話の向こうにいるのは営業マンではなく、オペレーターなので、提示された料金を値切ったりとか、実際に引越し日の相談まではなかなかできません。
    (小さな運送が会社ならば可能な場合もあります。)
    やはり最終的には、引っ越しの見積もりは、担当の営業マンに自宅に来てもらう形になります。

    逆算すると、

    1. 引越しを決めた
    2. 物件を探す
    3. 契約をする
    4. 引越し日を決める
    5. 引越し業者に見積もりを依頼する

    という流れになるわけなんですが、ここで出費を最小限に抑えるためには、家賃が重ならないようにするということが重要。
    つまり、あまり早くに物件を探してそれを押さえておこうと思うと、余分に家賃がかかってくるということになります。
    となると、1か月前までの見積もりはちょっと無理、という場合もあるわけですよね。
    なので、転居先が決まったら、「できるだけ早く」引越し見積もりを依頼するのがいいでしょう。

    一人暮らしの方の場合、休みの日でないと見積もりできない、だから即対応できないという場合もあるかと思いますが、相談次第で夜の訪問も可能だったりするので、問い合わせてみるのがいいかと思います。

    とにかく気をつけないといけないことは、2月末~4月初旬の引越しシーズン期間中は、早く予約を入れないと希望日に引っ越しできない可能性があるということを覚えておきましょう。

    引越し先の住所は決まってないけど見積もりできる?


    では、物件はまだ決まってないけど、先に見積もりだけ、というのはありでしょうか?
    何度も書いていますが、春休み、夏休みあたりの引越しシーズンになると、ギリギリだと予約が取れないということはザラにあります。
    でも、まだ転居先が決まっていないので見積もりは無理なのでは…?

    この場合は、仮予約の形で見積もりを取ることができます。
    引越しの料金の見積もりというのは、

    • 荷物の量
    • 移動距離
    • 曜日・時間帯
    • エレベーターの有無など

    で、値段が変わっています。
    転居先が決まってない場合でも、最低地域などが決まっていればだいたいの見積もりはとれます。
    実際に転居先の建物が決まった段階で、もう一度見積もりをしてもらう形になります。
    その時には、荷物の量などのチェックはすんでいるので、

    • 転居先が1軒屋なのか、マンションなのか?
    • 集合住宅ならば、何階なのか?
    • エレベーターはあるか?

    などにより、多少料金が上がる場合もあります。

    ネットでの引越し一括見積を依頼する際の注意点

    有名どころの業者それぞれの公式サイトからでも、「無料見積もり」というシステムがあります。
    また、一度に数社の見積もりを出せる「一括見積りサイト」では、複数の業者の料金の見積もりを一度に出すことができます。
    こういったサービスで、電話番号やメールアドレスを記入すると、送信したとたんに、メールや電話がバンバンきます。
    大手の公式サイトでも、即、訪問日の予約をいつにするか?という電話が入ります。

    「まだ、日程も引っ越し先も決まってないけど、だいたいどんなもんなんだろう?」と安易な気持ちで申し込むと、あまりにしつこいのにびっくりしてしまいます。

    ですが、メルアドや電話番号を記入しなくても、その場で「見積もり」だけを見れるサイトがあります。
    正直のところ、さすがに10社に見積もりに来られてもかかる時間ももったいないし、面倒です。
    いいかな?と思った業者、2~3社を同日、時間帯をずらして対応するのがベストです。

    ⇒うざくない電話攻撃のない一括見積はココ

    管理人の5回目の引越し体験談
    なんとなく冷やかしで不動産屋を尋ねたところ、気に入った物件を見つけてしまって、突然引越しをきめちゃった!ということがありました。
    契約したその日のうちに、見積もり依頼をして即決。
    その時は近々に引っ越した友達が使った業者が、まぁまぁよかったよと聞いていたので、そちらに依頼。
    引越しは2週間後ということで、引越し日の1週間くらい前からは、毎日食事は外で済ませてきて、深夜まで段ボール詰め作業。
    当日朝には、洗面具とパジャマと身の回りの品くらいしか残っていない状態まで仕上げました。
    引越し見積もり いつまで