お金は使わなければ貯まる!お金を見えないところに置く節約術

どうしても節約できない、貯金するのも難しいと悩んではいませんか?
使わなければ貯まっていくのがお金ですが、日々の生活を考えると抑えるのも残すのも、なかなか簡単な事ではないでしょう。しかし世の中にはちょっとした心掛けで貯金に成功している人がいます。その人たちが実践している事とは一体何なのでしょうか。今回はその方法とコツをご紹介していきます。

お金はなければ使わない!お金がないと思い込むことが大切

お金は見えないところに保管しておこう

手元にお金があると、ついつい使ってしまうことはないでしょうか。
しかしこのようなことを繰り返していると、いつまでたってもお金は貯まっていきません。それなら、いっそ目の前から手軽に使えるお金をなくしてみてはどうでしょうか。

そこで便利なのが、銀行の自動積立定期預金です。
これは毎月一度の積立日に、事前に決めておいた額を自動的に積立預金に回してくれるというもの。積立定期預金の多くは、いざまとまったお金が必要になったときにはちゃんと引き出すことができるため安心です。
積立金額は1,000円からでも行える金融商品もあるため、気軽に行えるも魅力でしょう。
しかしながら、一度積立てたお金を下ろすには手間がかかるので「銀行に行かなければならない」などのハードルが生まれ、散財を防ぐことができます。

同じ自動積立でも中にはATMから簡単に引き出せてしまうものもあるので、必ず窓口で手続きをするタイプのものを選んでおくことがポイントです。

手元に置くのはひと月分のお金だけ

1か月分の生活費だけ置いておく

普通預金の中には、常に1カ月分の生活費だけを入れておくことをおすすめします。
手元の財布にはなるべく多くの現金は入れず、クレジットカードではなく、銀行口座から直接支払いができるデビットカードがおすすめです。

タマ
こまめにお金を引き出すより、1か月にいる分を決めてまとめておろすほうがいくら使ったか把握できるにゃん。

家賃や水道光熱費は自動引き落としに設定し、生活費や交際費などをカードで支払えば、無駄な出費を極力抑えることができます。

クレジットカードとは違い、銀行残高の範囲内でしか使えないデビットカードであれば、うっかり使いすぎて翌月とんでもない請求がきてしまったという心配もありません。

情報は節約の味方!積極的に情報収集を

お金を貯めるには情報収集が大切

節約をうまく行うために、情報は強い味方となってくれます。
例えば近くに2つのスーパーがある場合、どちらが特売をしているかをあらかじめ知っておくことで、比較しながらより安い方を選んで買う事ができますよね。
こまめにチラシやスーパーのホームページをチェックすると、例えば、通常150円のキャベツを100円で買えるといったお得な情報が、店によって違いますがほぼ毎週更新されています。一見小さな差に見えますが、積み重なれば月に1,000円〜2,000円程の節約になり、そのメリットはとても大きいものになります。

例えば最近は、電力自由化やガス自由化、そして携帯電話のSIMフリーが可能になったので、より安い会社の商品が選べるようになりました。
電力も携帯電話も、会社ごとにサービスと値段が大きく異なります。同程度のサービスでどのくらい値段に違いがあるのかを調べることで、電気代や通信費を抑えられる可能性が高くなります。
わからないからと手を出さないのはもったいないことです。
このように情報を積極的に収集することで、食費や今まで諦めていた固定費の支払いを見直すことができ、それらが重なれば大幅な節約に繋げることができるでしょう。

⇒ガス自由化をわかりやすく解説、本当にお得?申込はどうするの?

⇒格安スマホって設定とか難しいし…あなたは年間5万円以上損してる!

とはいえ、生活費の中には節約が可能なものとそうでないものがあります。
例えば、家賃を節約するためには引越しをしなければなりません。節約のためとはいえ何十万円もかけて引越しをするのは到底おすすめできません。安いからといって不便な場所に引越ししても、今度は交通費にお金がかかるとなれば本末転倒といえます。

家計のどこを削り、どこを残すのかを整理することが節約を成功させるポイントです。

たまに預金通帳を見てモチベーションを上げよう

預金通帳を見る

ただ節約をしているだけでは、生活に楽しみがない日々が続き、ストレスが溜まってしまうかもしれません。
そんなイライラが爆発して散財してしまわないように、時々どのくらい貯まったのか自分の努力を数字として確認しておくことも大切です。

節約したり貯金したりするのは、なんらかの目的があるからでしょう。
預金通帳を見ることで、その目的に近づいていることを実感し、節約のモチベーションを上げてみてください。ここで重要なのは、「これだけ貯まったのだから少しぐらい使っても構わないだろう」とは考えないことです。

お金は食べ物と同じで、消費すれば一時満足感を味わえますが、後には何も残りません。預金通帳を眺めるのは、あくまでも積み重ねた自分の努力をねぎらい、継続させるための儀式だという事を理解しておいてください。

まとめ

特売で卵を買っても 、いつもより多く消費してしまっては結局節約になったといえませんよね。どんなものでもたくさんあると人は安心感を覚えて使ってしまいがちです。
お金はなければ使わない!お金がないと思い込むことがお金を貯める近道。
節約したい場合は入ったお金をなるべく自分の目の前から遠ざけること。銀行に預けるなど引き出すまでのプロセスが複雑になれば、出すこと自体が面倒になり使うことも少なくなるからです。
また、毎月口座に残した額を把握しておくことで、購入前に「本当に今必要か」と考える良いきっかけにもなり、衝動買いを防ぐことにも役立ちます。定期積立やデビットカードなどを上手に活用し、ぜひ楽しみながら節約してみてください。

預金通帳を見る