投資はプロに全部お任せ!投資信託でかしこく資産運用をはじめよう

人生のターニングポイントは人それぞれですが、その都度大きなお金が必要になることがあります。
に教育費、介護費、住居ローンやリホーム費用などはいざというときに困らないように、今からしっかり準備を進めておくことが大切です。
とはいっても世帯収入を上げたり節約したりするのも限度がありますよね。そこで今回は今ある資産をかしこく運用する主婦におすすめの投資信託についてご紹介します。

投資信託 素人

素人でも大丈夫?投資信託の魅力

「投資」と言われるとそれだけで
「リスクが高そう」
「素人には無理」
と、腰が引けてしまう人も多いのではないでしょうか。
たしかに、投資はなんらかのリスクを伴うものであり、絶対に安全であるとは言えない商品です。特に金融のことに全く知識のない素人がいきなり自分で銘柄を選び投資するというのは無謀な試みと言えます。

しかし、投資の中でも投資信託は運用のプロであるファンドマネージャーが投資家から集めた資金を大きな資金としてひとつにまとめた上でリスクを分散して投資を行うため、従来の個人投資に対して個人の持つリスクが非常に低いというメリットがあります。

投資は素人という人ほどおすすめなのが投資信託なのです。

知って納得!投資信託のしくみとは

投資信託 しくみ

投資信託は投資家から資金を集めるための販売会社、資金を元にファンドを組成して受託会社に運用の指図を行う委託会社、指示を受けて受託した資金を投資し資金の管理を行う受託会社の3つの機関が運営しています。

投資家から集められた資金を元に利益を生み出し、販売会社を通じて分配金や基準価格に上乗せされる形で還元されています。
基準価格とは投資信託の値段であり、1口いくら、1万口いくらという具合に値段設定されています。この基準価格は運用結果によって変動し、1日に1回決定されます。価格の動向は運用会社や販売会社のホームページで確認することができます。株式市場と異なり常に変動するわけではないのでパソコンの前から動けないという心配もありませんね。時間のない忙しい主婦の人でも安心して始めることができます。

主婦が投資信託をはじめる4つのメリットとは?

投資信託 メリット
投資信託には

  • 少ない金額から始めることができる
  • 投資を分散することでリスクを軽減できる
  • 個人では投資しにくいものに投資できる
  • プロに任せることができる

という4つのメリットがあります。

そのなかでも、特に主婦におすすめのメリットのひとつが少ない資産から運用できるということです
好きな企業の株を買ったり、特定のものに投資をしたりという場合はある程度まとまった金額が必要になりますが、投資信託は多くの投資家からの資金をまとめて運用するため、自分の好きな範囲で始められるという特徴があります。
家計を管理している立場上いきなり大きな金額を動かすのは不安、自分の小遣いの範囲内から始めたいという主婦の人には特にうれしいメリットですね。

貯金とは違う投資信託のデメリットとかしこい運用方法

投資信託 少額
投資信託のデメリットは基準価格の上下によって投資元本を割り込むおそれがあることです。
銀行に預けた預金は元本保証があり、元金を下回ることは決してないので、お金を1円たりとも損したくないという人には向いていません。
また、投資信託には買付け手数料や換金手数料のほか管理費がかかります。ファンドによってそれらの費用も異なるので、しっかり調べてから契約することが大切です。銀行預金と異なり、クローズド期間といって換金できない期間が設けられていることもあります。そのため、すぐに必要となるお金を預けるのではなく、差し迫って使う必要のない資産の運用として活用することをおすすめします。
将来の老後に備えて、子供の教育費に備えてというように、ある程度目的を定めて活用するのもいいですね。

投資信託にはリスクとリターンがつきものです。
リスクが大きなものほどリターンが大きく、リスクが小さいほどリターンも小さいというのはよく知られていますね。
投資先を選ぶときにはこうしたリスクとリターンを見極め、資産状況に応じた無理のない投資信託を選ぶことが大切になってきます。特に将来確実に必要となるお金の場合はなるべくローリスクローリターンのものを選ぶようにしましょう。

また、資産運用に関することわざのひとつに「卵は一つのカゴに盛るな」というものがあります。これは、自分の資産をひとつの投資先に集中してしまうと損失を出したときに全財産を失ってしまうリスクがあることを指しています。こうした事態を防ぐためにも、投資先や投資時期はなるべく分散させ、ひとつの種類に偏らないようにしておくことが大切です。

まとめ

投資は一部のお金持ちや一攫千金を夢見る人が行うものというイメージがありましたが、ネット銀行やインターネットバンキングの普及により、もっと身近な存在として注目を集めています。
投資信託のなかにはワンコインから始められるものや1,000円単位で始められるものもあるので、まずは少額のものから試してみるのもおすすめです。市場は世界情勢などに影響を受けやすいため、短期間で見た場合はさまざま様々な要因で大きく変動することもありますが、長い目で見た場合はリスクが少なくて済む傾向にあります。市場の動向に一喜一憂するよりも安定した長期的な運用を目指しましょう。
まずはクローゼットに眠っているへそくりの資産運用から始めてみてはいかがでしょうか。

投資信託 メリット