下手な投資よりお金を増やすなら保険が狙い目です!

手元にあるお金だけでは不安な時代がやってきました。公的年金は何歳からもらえるかわかりませんし、もらえる金額も減っていくと予想できます。
今の生活だけでなく、ひとりひとりが自分の将来や老後のために、何とかしなくてはならない時代になってきています。
そう考えると現在の貯蓄額では足りないと思いませんか?
現在、多少の余裕がある生活や貯蓄ができていても、貯蓄ができる時期もあれば、多額のお金を必要とする時期もあるはずです。余裕のある時が未来を考えてスタートする、絶好の機会であると捉えて、「お金を増やす」ことにチャレンジしてみましょう!

お金を増やす

【お金の増やし方】どういった道を選ぶのが自分に合っているのか

「お金を増やす、しかも効率よく」と考えると、一番に浮かぶのが「投資」でしょう。
投資というと株やFX、債券や投資信託…様々な金融商品があります。一般的にみて、こういった投資はハイリスクハイリターンと言われています。
増えた時の金額の大きさには興奮を覚えますが、それでもリスク管理をしっかりしていないと元本割れ以上の損を抱えることもあります

リスク回避だけ考えれば銀行預金が一番でしょうが、こちらは超低金利時代。
「増やす」という目的には向いていないように思えます。それでも減ることはないので、意味はあるのでしょう。
ただ、物価の上昇を考えると、「目減りして言える」ともいえますよね。

そんな中で意外と知られていないのが、保険でお金を増やすことかもしれません。
確実に増やせるけれど、リスクはないという点が、家計のお金を預けるのに安心と考えている人も多いですね。

資金の運用に興味がある場合、「増やす」だけを見るのではなく、自分や家計に合った方法の選択をお勧めします。

知ってほしい、保険でお金が増やせること

保険でお金をふやす

保険は、死亡保障や医療保障だけではありません。貯蓄やある程度の資金の運用に適した保険商品は多数あります。お金を増やすことのできる商品を比較検討することで、現在の資金に合った、自分の増やしたいペースのものを選択してみましょう。

学資保険

妊娠中から契約することもできるのが学資保険。教育費の中でも一番大きなお金が必要となる大学入学費用を貯めることに使われることが多い保険ですが、小学校・中学校・高校入学にも満期を設定することが可能です。18歳を満期とすると、大体110%前後の金額を受け取ることができるものが多いです。長期の貯蓄保険ですので、途中無駄遣いしてしまう心配もないですし、「わが子のため」とお金を貯めることも苦にならないでしょう。

終身保険

貯蓄性が一番高いと言われている終身保険。一生涯の保証がついている生命保険、とだけ思われがちですが、掛け捨ての保険ではないのでお金を貯めれられるものをなっています。ちょっとした余裕資金がある場合、短期払いを選択すると総払込保険料が抑えられることもあります。それでも保証は一生が続くのです。そして、解約時期をきちんとはかることで、まとまった返戻金を受け取ることもできます。その際、保証は継続できませんが、最大140%前後の返戻金になるので「増やす」ことには成功でしょう。

養老保険

お金を増やす上で、安心感の高いものです。死亡保障はおまけで、元々貯蓄目的でつくられた保険です。
加入のタイミングによっては、満期保険金が110%前後なので、「お金が貯められない」人には強制的にお金を増やしてくれる強い味方です。ただ、人生の様々なタイミングで保険を見直す際、払込保険料の高さから解約を勧められるということもあります。

長期的な資金運用こそお金が増えるコツ

お金の増やし方

保険自体は、万が一のことがあった時に備えるものです。
その集まった資金を、保険会社が運用しながら契約者に利益を還元する、というシステムです。ですので、短期的にお金を増やすことには適していないと言えるでしょう。本当にお金を増やしたい人に「コツコツ」貯めるお手伝いと、それに対するボーナスがついてくるようなイメージでしょうか。

少なくとも10年、長い人ならば40年以上の払込を予定してこそ、「保険でお金が増やせる」わけです。お金を増やすために、たくさんの保険を契約すればいいというわけではありません。月々の払込ができなくなり、途中解約をしなくてはいけなくなると返戻金は払込金額を下回ることもあります

⇒元金保証、高利回りの変額保険

まとめ

将来のためにお金をためないといけないと思いつつも、なかなか貯められない・・・。保険を金融商品と考えると、「解約しないとお金を動かせない」というのは、簡単に引き出せないので、貯まりやすいものといえます。
最近は、保険はおまけで元金も保証される高利率な商品も出てきています。特に今まとまったお金があって、投資を考えているのであれば、「保険」というのは狙い目です。
自分のペースでお金を増やせることができる保険だからこそ、無理のない計画やどの商品と長く付き合っていくか考えて契約するべきでしょう。

お金のことアンケート
お金を増やす