ふるさと納税2017年はポイント制度でゆっくり選ぶ

ふるさと納税税金
スポンサーリンク

ふるさと納税がもう楽しくて楽しくて。
でも!気が付いたら時間がすごくたってしまっていることがあります。
あまりにお礼の品が多くて、決められなくて、気が付いたら数時間ネットサーフィンしてる・・・

そんなあなたにお勧めは、ふるさと納税のポイント制度を利用することです。
今回はふるさと納税ポイント制度と、ポイントサイトについて紹介します。

スポンサーリンク

ふるさと納税 ポイント制とは?

ふるさと納税 ポイント制度

通常、ふるさと納税では、金額によってお礼の品が決まっているので、その場で何にするかを選ばないといけないんですが、ポイント制度を利用すると、あとでポイントをまとめてお礼の品を選ぶことができます。
有効期限内でポイントを積み立てることができるので、大きなものを選ぶことができます。

自治体によって、有効期限は決められていたりもしますが、期限がない自治体もあります。

2年ほど前までは数か所しかなかったポイント制ですが、今は取り入れている自治体が増えてきました。

ふるさと納税できる限度額は年収によって決まるので、はっきりとした控除額がわかるのは年末近く。
だから、11月、12月は駆け込みが多いんですよね。
この時期になると、人気の品物は売り切れていて申し込めなかったり、クレジット支払いが楽なんですが、カードの引き落とし日が年内でないので、もう遅かったりするんです。

そんな時は、ポイントをためておいて、あとでゆっくりとお礼の品を選ぶことができるのが、「ふるさと納税のポイント制」です。
後から届くカタログの中から、ポイントに応じて好きなものを選ぶことができます。

ポイント制で申し込める自治体はどこ?

ふるさと納税は、Yahoo公金サービスやクレジット決済のできるふるさと納税サイトを利用するのが便利なんですが、ポイント制度を取り入れているサイトはこちらです。

ポイント制を採用している自治体と有効期限など

自治体有効期限
愛知県北名古屋市年末
秋田県大館市寄付翌年度末
岡山県備前市その都度
高知県芸西市1年間
滋賀県近江八幡市1年間
島根県浜田市その都度
鳥取県年度1回
鳥取県琴浦市その都度
長崎県壱岐市無し
長崎県平戸市無し
長野県大町市1年間
兵庫県加西市寄付翌年度末
福岡県うきは市寄付翌年度末
北海道浦臼町その都度
鹿児島県大崎町2年間
鹿児島県南さつま市無し
長崎県佐世保市発行年度の翌々年度
島根県浜田市無し
福岡県久留米市発行年度の翌々年度
北海道上士幌町2年間

現在、ポイントに期限がなく、合算して使える自治体は、長野県平戸市壱岐市鹿児島県南さつま市島根県浜田市
ポイント制度のメリットを最大限に使うなら、この4つの自治体がお勧め♪

ふるなびグルメポイントとは?

https://gp.furunavi.jp/

もう一つ、ポイント制度、ポイントサイトでちょっと変わったのがあります。
それが、「ふるなびグルメポイント」です。

こちらは、寄付をするとポイントがもらえるのですが、そのポイントを使って、提携のレストランでお食事ができるというものです。
提携している自治体は、三重県明和町岐阜県池田町山口県山口市

行きたいお店に直接電話して予約をして、あとはサイト内で「ふるなびポイントの利用申請」ボタンを押すだけ。
直接精算時にポイント分が引かれるというシステムになっています。
サイト内で予約代行のサービスも行っています。

利用できるエリアは、東京、大阪、名古屋、福岡。
グルメ対象は、飛騨牛、松坂牛、常陸牛、ふぐ。

お店によって、ふるなびポイント限定の特別メニューになっています。
お店により異なりますが、1人前6,000円くらいから。
ポイントですが、寄付金の50%がポイントでもらえます。
つまり、還元率は50%
不足分は現金での支払いとなります。

かなり高級なレストレンが多いです♪
特別な日、特別なご褒美にいいかも。

⇒ふるなびグルメポイントはこちら

まとめ

ふるさと納税のポイント制度についてまとめてみました。
ふるさと納税が初めてで、何を選んだらいいか、何がお得なのかよくわからないという人は、期限なしの自治体のポイントを貯めて、あとでゆっくりとお礼の品物を考えるというのもいいかと思います。
通常還元率は、30~40%。
50%以上あればかなりお得なイメージですが、そのあたりをじっくり検討したいという方は利用してみてはいかがでしょうか?