クレジットカードの利用で生活費がお得になるって本当?

家計を見直す際に節約しやすいのが、固定費が少なく切り詰められる出費が多い生活費でしょう。無駄な出費を減らしたり光熱費を抑える工夫をしたりするなど日々の努力も大切ですが、生活費の支払いをクレジット払いにするだけでも節約になることをご存じでしょうか。なぜ節約につながるのか、その仕組みとクレジットカードの上手な活用法や注意すべき点を紹介します。

生活費にクレジットカードを使うとポイントが貯まるのがメリット

クレジットカード お得

生活費をクレジットカードで支払う最大のメリットは「ポイント」にあります。
ポイントの貯め方や付与率などの詳細はクレジットカードによって異なりますが、たとえば「100円利用で1ポイント」というように、多くのクレジットカードは利用するだけでポイントが自動的に付与される仕組みになっています。
貯めたポイントは、現金と同じく買い物に使えたり食事券・ギフト券などと交換できたりします。

そのため、生活費として毎月ある程度の金額を使うのであれば、現金よりもクレジットカードを使ってポイントを貯めたほうがお得といえます。
税金や公共料金はもちろん、家賃をクレジットカード払いにできる物件も増加しています。
また、インターネット通販や宅配サービスの普及、クレジットカードが利用できる店舗も増えており、私たちはポイントが貯まりやすく使いやすい環境に身を置いているのです。

クレジットカードを使えば払い忘れる心配もない

クレジットカード 生活費

生活費のなかには、購入時などにその場でお金を払うものと期日までにお金を支払うものがあります。その場でお金を払う場合は特に問題はありませんが、期日までにお金を支払わなければならない場合に心配なのが払い忘れです。
払い忘れを防ぐために期日を気に留めたり、お金を納めに行くための時間を作ったりするのは面倒ではないでしょうか。
だったら、口座引き落としという手もあります。口座引き落としなら指定日に勝手に引き落とされるため、支払う側の手間はかなり省けます。
これを、さらにクレジットカード払いにして返済を銀行口座からの引き落としにすると、口座引き落とし同様手間を省けるだけでなくクレジットカードのポイントも貯まります。
返済が滞ったりクレジットカードの借入残高が限度額いっぱいになったりしない限りは、払い忘れの心配もなく安心です。

生活費を節約するためのクレジットカード活用法とは?

クレジットカード 生活費 ポイント

生活費を節約するためには、効率的にクレジットカードのポイントを貯めることが重要です。
家賃や光熱費のように金額が大きくて毎月かかるような出費は、できる限りクレジット払いにしましょう。それだけでも、1年を通して結構な額のポイントが貯まるはずです。
ほかにも、水や酒類、日用品のまとめ買いや家具・インテリアなど、購入金額が高くなるような買い物はネットショッピングすることをおすすめします。

ネットショップは、クレジットカード払いに対応しているところがほとんどなので、ポイントが貯めやすいというメリットがあります。また、複数のショップを比較して最安値で購入することが可能なので、節約につながります。
これだけでなく、買い物に出かけた先でもクレジットカード払いに対応しているお店であれば、なるべくクレジットカードで払うように心がけましょう。

少額の買い物でも、塵も積もればポイントの山とります!

生活費をお得にするならどのクレジットカードを使えばいいの?

クレジットカード 選び方
クレジットカードを活用して生活費を節約するためには、活用するクレジットカードをきちんと選ぶ必要があります。
なぜなら、クレジットカードによってポイントの付与率と還元率が異なるからです。

たとえば、クレジットカードのホームページなどでよく目にする「100円利用で1ポイント」は付与率で、「1ポイント=1円」が還元率を意味します。クレジットカードは還元率が重要なので、特に気になっているクレジットカードがないなら高還元率でポイントの交換先が多いクレジットカードを選ぶとよいでしょう。
よく利用するネットショッピングサイトが決まっているなら、そのサイトでお得に利用できるクレジットカードを作るのもおすすめです。
実店舗であれば、よく利用する大型スーパーのクレジットカードを作りましょう。全国展開しているような大型スーパーであれば、住む地域が変わったとしてもポイントを引き続き貯めることが可能なので、せっかく貯めたポイントを泣く泣く無駄にすることもありません。

クレジットカードの使いすぎにだけ気をつけて!

利用代金が即口座から引き落とされるカードもありますが、大体のクレジットカードは翌月の指定日に引き落とされるシステムになっています。
現金のように目に見えた支払が少ない分、ついつい使いすぎてしまうという落とし穴がクレジットカードの恐いところです。
一括購入もしくは2回払いであれば利用手数料は無料ですが、分割払いやリボ払いを選ぶと元金に加えて利用手数料がかかってしまいます。支払回数によって年利が異なるため、注意が必要です。
節約のためにクレジットカード払いにしても、使いすぎて分割回数を増やしては返済額全体が増えてしまい逆に出費が増えてしまいます。
クレジットカードを賢く活用するには、使った金額をきちんと把握して管理できることが大前提です。クレジットカードを使った日と金額を常にメモしておくなど、自分に合った工夫をするようにしましょう。計画的に活用できれば、クレジットカードは生活費節約の大きな味方となってくれるはずです。

まとめ

そのうちキャッシュレスの時代が来るといわれています。とても便利な世の中になりますね。とはいえ、そうなると難しくなるのが「管理能力」です。
クレジットカードは支払いを先延ばしにできるというメリットがある反面、お金がなくても買い物できてしまいます。「気がついたらかードの支払いに追われてしまって生活が破たんする」なんてことに陥らないためには、大きな買い物をするときは、お金が貯まってからするといったルールを守ることが大切。そんな場合は、クレジットカードではなく、デビットカードにしてしまうというのもありですね。

家賃はクレジットカードで